カテゴリ:こころをつなぐ平塚代表宇野努より



27日 4月 2017
 新年度を迎え、家族の行動パターンや職場環境の変化、異動やクラス替えなど、慣れない状況に身を置くことで、ストレスになることがあります。  卒業式や入学式、就職や転職など、出会いや別れは意外とエネルギーを消耗するものです。また、逆に何も変わらない自分に焦ってしまう人もいるかも知れませんね。...
12日 4月 2017
 みなさん、生まれた時の記憶など覚えてないと思いますが、きっと生まれて2~3年は「自然体」だったのだと思います。  辞書で「自然体」を引くと、 【気負いのない、自然な態度】(デジタル大辞泉)と出ています。 無理やガンバルということをしない人、何でも受け入れられる人、そしてストレスが無い人…「自然体な人」とはこのようなイメージですよね。...
22日 3月 2017
 未知(ミチ)な世界は「なんだか不安」かも知れませんが、それが既知(キチ)な世界になると「あたりまえ」になってしまうものです。...
10日 3月 2017
 相手に自分の考えを聞いてもらい、きちんと解ってもらいたいのは、人間誰しも思うものです。この「聞いてもらいたい」と「解ってもらいたい」は、微妙なニュアンスの違いがあると思います。...
21日 2月 2017
 「親友」を辞書で引くと…『互いに信頼し合っている友達。きわめて仲のよい友達』(大辞林第三版)と解説されていました。みなさんには、「親友」は、どのくらいいらっしゃいますか?少し思い浮かべてみてください。...
08日 2月 2017
 言葉には、人生を変える力があると思います。言葉が、人間の世界にどのように登場してきたかの一つの有力な説は、仲間どうしの絆を確認する「毛づくろい」が進化してきたというもので、お互いに毛づくろいする代わりに、会話を交わすことで、絆を確認するという説です。  ありがとう。  ごめんなさい。 これらは、まさに絆を確認する言葉ですね。...
26日 1月 2017
 いきなりですが…、とても好きな人がいると仮定した場合、あなたはどちらのタイプですか?  好きな人の前だからこそ見せる「背伸び」している自分、もうひとつは、好きな人の前だからこそ見せる「等身大」の自分。...
14日 1月 2017
 「イカレポンチ」とは、普通の人間と大きく異なる性質を持っている人のことと、WEBの辞書に出ていました。  何となく懐かしい表現でもあり、最近はあまり使われなくなった響きでもありますね。この「イカレポンチ」という言葉を自分の意識変換に呪文のように活用する話題で盛り上がった本年度初めのまちの保健室でした。...
20日 12月 2016
 ドラマの主人公は、なんだかんだ前に進んでいきます。ドラマには、シナリオがあります。ドラマはシナリオに沿って、物語が進んでいきます。  この世に生を受けたあなたは、なんだかんだ前に進んでいきます。あなたの人生には、シナリオがあるのかも知れませんが、知らさせていません。あなたの人生は、あなたの選択によって、物語が進んでいきます。...
07日 12月 2016
 本日のまちの保健室も、とても勉強になる話題が盛りだくさんでした。そして、それぞれの宿題は違うけれど、共通項が出てきたりします。...

さらに表示する